川崎重工業株式会社「川崎重工 余暇村公園なごみの森」

概要

活動企業 :川崎重工業 株式会社

活動フィールド: 多多可町中区牧野(面積7.2ha)

活動期間: 平成26年~

活動の概要(企業・団体作成資料から転記)

里山植生を再生して生態系の保護を進める 地域社会との共生を深めるとともに生物多様性保全に取り組みます。

余暇村なごみの森

平成29年4月15日の活動

余暇村なごみの森
地球環境部 井上部長よりご挨拶
余暇村なごみの森
多可町 笹倉副町長よりご挨拶
余暇村なごみの森
二酸化炭素吸収量認定書授与式

紙すき体験

余暇村なごみの森
川重ハートフルサービスの皆さんと、紙再生工房の前橋師匠による紙すき教室です。
余暇村なごみの森
ラミネートをはがした牛乳パックは、小さくちぎってミキサーに投入します。
余暇村なごみの森
ドロドロになったら水槽に入れ、木枠ですくい上げて牛乳パックの繊維を蓄積させます。
余暇村なごみの森
紙すきの様子を上から眺めるとこんな感じです。
余暇村なごみの森
これがすきたての紙の状態、まだ水をたっぷり含んでいます。
余暇村なごみの森
こちらが水分を絞った後の紙の状態です。
余暇村なごみの森
給水シートを使って水分を吸い取っていきます。
余暇村なごみの森
出来上がった紙は木の板の上に移動します。
余暇村なごみの森
木の葉を使って型押しをして、
余暇村なごみの森
完成した牛乳パックの再生紙です。

植栽作業

余暇村なごみの森
出お弁当を頂いて宿泊棟の前に集合。午後の活動は植栽作業です。
余暇村なごみの森
宿泊棟の近くで見かけたヒトクチタケです。
余暇村なごみの森
満開のヤマザクラを眺めながら活動地へ向かいます。
余暇村なごみの森
活動地に到着した方から装備を整えます。
余暇村なごみの森
1人1本ずつ公園の歩道沿いに植栽木を植えていきます。
余暇村なごみの森
この日の苗木は、ムラサキシキブ、ヤマハギ、ナナカマド、ミヤマガマズミ、コムラサキシキブ、
余暇村なごみの森
ヤマツツジ、ヤマアジサイ、ヤブムラサキと、紙すきの材料となるコウゾ、ミツマタです。
余暇村なごみの森
川崎重工 余暇村公園なごみの森の看板です。
余暇村なごみの森
植栽作業の後は以前植樹作業をしたエリアの下草刈りです。
余暇村なごみの森
こちらがナガバノモミジイチゴ、沢山のするどい棘が出ています。
余暇村なごみの森
これはヌルデの若芽です。
余暇村なごみの森
作業が進むにつれ、足元が明るくなってきました。

閉会式

余暇村なごみの森
井上部長より閉会のご挨拶です。

backGo Back