関西電力労働組合「Hyogo関労ふれあいの森」

概要

活動企業 :関西電力労働組合 兵庫地区本部・姫路地区本部

活動フィールド: 加西市笹倉町 いこいの村はりまの里山林(面積8.5ha)

活動期間: 平成28年~平成33年(5カ年間)

活動の概要

関西電力労働組合の兵庫地区本部と姫路地区本部が協働して、平成22年 度から三木市細川町槙山の「関労ふれあいの森」で森づくり活動を行ってきました。 このたび新たに加西市笹倉町に活動地を移し、「HYOGO関労ふれあいの森」 として森林保全活動等に取り組んでいます。

三木市で行ってきた森づくり活動を継承・発展させるため、新たな活動地では エネルギー産業に携わる企業内労働組合の社会貢献活動として、 里山林の森 林整備を推進し、あわせて組合員の環境保全意識の向上を図っていきます。また、 森林保全活動を通じた組合員や家族のふれあいを通して、連帯意識等を創出できる活動を行っています。

Hyogo関労ふれあいの森
森づくり作業前の集合写真

令和元年11月8日の活動

Hyogo関労ふれあいの森
森づくり作業(広葉樹の除伐)

backGo Back