兵庫県緑化推進協会 第38回運営協議会 令和元年12月11日(水)

平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
平成30年 令和元年      


いこいの村はりま(加西市笹倉町)の会議室で運営協議会を行いました。


緑の募金運動や募金活用事業について、活発な意見が交換されました。




現地調査


今年は、加西市北条町小谷字城山の里山での森づくりについて現地調査を行いました。


現地調査に先立ち、「小谷城跡保存会」の役員の皆様から活動についての説明をいただきました。

荒れ放題であった小谷城(室町時代 赤松氏築城)跡を、ボランティア活動で森林整備を進め“ふれあいの森”として甦らせ、
登山者に優しく・気持ち良くをモットーに維持管理に努めておられます。


市民・登山者並びに保存会会員の健康づくりの場であり、地元小学校児童・幼稚園園児の自然体験学習の場となっているとのことです。


「小谷城跡ふれあいの森」の入口にて。森へ入っていきます。


森林内の樹木と遊歩道の整備・管理について、説明を聞きながら歩みを進めます。


林内も遊歩道もきれいに管理がされています。


山の頂上近くは勾配が急となっていますが、安全を考慮した丁寧な遊歩道整備がなされています。


「小谷城跡保存会」の手で山頂に屋根付きの展望台が設置されており、
訪れる多くの登山者が雨風を気にせずゆっくりと山頂で過ごすことができます。


山頂展望台前で、記念撮影。


現地調査終了前に、地元小学校児童から小谷城跡保存会へ送られた
「“ふれあいの森”づくりへの感謝の作文」を拝見させいただきました。