「やしろ波光の森」
三菱電機(株)高周波光デバイス製作所

三菱電機の森

概要

活動企業: 三菱電機株式会社高周波光デバイス製作所

活動フィールド:加東市上久米1083-1(やしろの森公園内・園内一円)

活動期間: 平成29年〜平成34年

活動内容:

三菱電機株式会社では、創立100周年の2021年を目標とした「環境ビジョン2021」の実現に向け、 @低炭素社会実現、A循環型社会形成、B自然共生型社会実現、C環境経営基盤強化を柱とする行動計画「第8次環境計画(2015〜2017年度)」を策定し、 温室効果ガスの削減活動を進めています。

その一環として、全国各地で「里山保全プロジェクト」や野外活動リーダーの養成に取り組んでおり、 当高周波光デバイス製作所では「やしろの森公園」での活動を開始し、事業活動で地球環境に配慮するだけでなく、 社員自らが汗をかき、地域の環境を保全する取組をしていくこととしています。

この活動では、普段の生活で機会の少ない、森林や動植物を肌で感じ、ふれあうことのできる森林をめざし、 活動に参加する社員や公園利用者にとって親しみやすい「森づくり」を行っていきます。

平成29年春の活動        

平成29年5月10日


開会式

三菱電機の森

兵庫県豊かな森づくり課 井上主幹よりご挨拶

三菱電機の森

加東市農林課 柏木課長よりご挨拶

三菱電機の森

やしろの森公園協会 尾内理事による森づくりの説明

三菱電機の森

生活様式の変化に伴う里山の役割の移り変わりと、

三菱電機の森

生物多様性保全について学習する参加者の皆さんです。


三菱電機の森

管理事務所の前のキンランが蕾を付けていました。


森林整備活動

三菱電機の森

座学の後は装備を整えて間伐作業です。

三菱電機の森

活動エリアに到着、班毎に分かれて作業内容の説明を受けます。

三菱電機の森

サルトリイバラやネザサなどを中心に下草刈りを行います。

三菱電機の森

こちらがサルトリイバラ。関西以南では、サルトリイバラの丸い葉で、柏餅を包む地方があります。

三菱電機の森

こちらは細い雑木を刈り取っています。

三菱電機の森

こちらの赤い茎に羽状複葉の植物はウルシの木です。下の方の丸い粒のように見えるのは、ウルシの花です。

三菱電機の森

コガネムシの仲間のキスジコガネです。

三菱電機の森

間伐後の森の様子、下の方に重なっているのは、伐採された雑木です。

三菱電機の森

間伐が進むにつれ、少しづつ森の中が明るくなりました。


歩道整備作業

三菱電機の森

午後の活動は、公園内の歩道の整備作業です。

三菱電機の森

歩道に敷き詰めているのは、竹を細かく砕いた「竹チップ」です。

三菱電機の森

竹チップは水に流されにくく柔らかいので、足への負担を軽減してくれます。

三菱電機の森

作業前の状態と比べると一目瞭然、草よけ効果もあります。

三菱電機の森

歩道の途中で見かけたクロバイ。満開の花を付けています。

三菱電機の森

木の枝から散ったクロバイの花びらです。


「ため池」再生大作戦

三菱電機の森

園内の「ため池」の豊かな自然環境を再生するために、アメリカザリガニの駆除を行います。

三菱電機の森

捕獲したアメリカザリガニは、園内で飼育しているアイガモの餌として活用されます。

三菱電機の森

仕掛け網を引き上げて、アメリカザリガニを探しているところ。

三菱電機の森

引き上げた網の中にかかっていたアメリカザリガニです。

三菱電機の森

引き上げた仕掛け網に餌を入れ、再びため池に設置します。

三菱電機の森

ため池の横の畦道に咲いていた、ムラサキサギゴケです。

三菱電機の森

同じくため池の横の畦道に咲いていた、マツバウンランです。

三菱電機の森

これは水路の近くで見かけたカナヘビです。

三菱電機の森

同じく水路の近くで見かけたギンランです。

三菱電機の森

これは山菜の王様といわれるタラノ芽です。


| HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|