「住友ゴム GENKIの森」
住友ゴム工業株式会社

住友ゴム GENKIの森

概要

企業活動: 住友ゴム工業株式会社

活動フィールド: 高砂市阿弥陀町 (市の池公園内)面積0.27ha

活動期間 : 平成26年〜平成36年

活動の概要

@住友ゴム工業(株)では生物多様性の保全や従業員と地域の人々が協働する手づくりの社会貢献を進める中で、 会社でどんぐりを集め、育て、植樹する「どんぐりプロジェクト」に取り組んでいる。

Aその一環として、当社が加古川工場内および今回の植樹地の近くで育てているどんぐりの苗木を高御位山周辺山火事跡地 (H23年1月山火事で焼失)に植樹し、森林の復旧に貢献する。

平成26年春の活動 平成27年春の活動 平成29年秋の活動    

平成27年3月28日の活動

住友ゴム GENKIの森

作業に先立って、住友ゴム工業株式会社加古川工場の安井工場長よりご挨拶です。


作業エリアへ移動

住友ゴム GENKIの森

朝礼の後は、手分けして作業エリアまで道具や苗を運びます。

住友ゴム GENKIの森

公園を外れると、すぐに上りの階段が現れます。

住友ゴム GENKIの森

森開きから2回下草刈りを行っていますので、森の中がきれいに整備されています。

住友ゴム GENKIの森

ハイキングコースをしばらく歩くと、作業エリアに到着です。

住友ゴム GENKIの森

作業の前に、加古川農林水産振興事務所の平野主任より植樹方法の説明です。


作業開始

住友ゴム GENKIの森

まずはポットの苗を植え付けるための穴掘りを行います。

住友ゴム GENKIの森

穴が掘り終わったら、少し山側に傾くように苗を植え付けます。

住友ゴム GENKIの森

植えた苗がしっかりと根付くように、周りの土を踏みしめます。

住友ゴム GENKIの森

植え付けが終わった苗の横には竹の支柱を立て、メッセージや作業の日付を入れました。

住友ゴム GENKIの森

住友ゴム GENKIの森の特徴は、生物多様性保全に配慮した「どんぐりプロジェクト」です。

住友ゴム GENKIの森

地元で集めたどんぐりを加古川工場内で鉢植えにし、育った苗を森に戻します。

住友ゴム GENKIの森

小さい子供たちも参加して、未来の森作りに貢献しています。

住友ゴム GENKIの森

NPO法人高砂キッズ・スペースの子供たちも参加です。

住友ゴム GENKIの森

大人たちが見守る中、子供たちの作業が進められます。

住友ゴム GENKIの森

谷を挟んだ反対側のエリアです。上下作業に注意をしながら植樹をすすめています。


作業終了

住友ゴム GENKIの森

しばらくすると作業を終えた子供たちが集まってきました。

住友ゴム GENKIの森

こちらのエリアもそろそろ作業終了です。

住友ゴム GENKIの森

この日の作業も順調に進み、無事に活動終了です。

住友ゴム GENKIの森

活動エリアのある市ノ池公園は桜が咲き始めていました。


| HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|