三菱重工業株式会社高砂製作所「三菱重工たかみくらの森」
三菱重工業株式会社高砂製作所

概要

活動企業: 三菱重工業株式会社高砂製作所

活動フィールド: 高砂市阿弥陀町阿弥陀字西坂(面積0.93ha)

活動期間 : 平成25年〜

活動の概要

三菱重工業株式会社高砂製作所から北方に遠望できるH23年1月に山火事で焼失した高御位山周辺山林において、 社員等が、関係機関・団体や地元と協働して、山火事跡地の森林再生に寄与することで、社会貢献と環境保全に取り組む。

H25年春の活動 H26年春の活動 H27年春の活動 H27年春の活動 H28年秋の活動

三菱重工たかみくらの森 開会式

早朝の市ノ池公園

公園を抜けて式典会場へ向かいます。

前方に見える山が活動エリアです。


来賓挨拶

兵庫県議会議員 山本 敏信 様

兵庫県環境部長 築谷 尚嗣 様

高砂市長 登 幸人 様


協定書披露

三菱重工たかみくらの森 協定書披露


序幕式

晴天に恵まれ、和やかに序幕式を行いました。


記念植樹


事前説明

みなさん始めての体験ですので、子供たちも含めて活動にあたっての注意事項の説明です。

加古川農林水産振興事務所の方から植樹の方法を詳しく教えていただきます。

班分けの様子です
準備が出来た班から活動地へ移動します

活動エリアへ移動

活動エリアへ続くハイキング道
高御位に到着、班ごとに分かれて植樹を行います。

作業開始

子供たちもシバグリの苗木を手に活動開始です。

この日の植樹はヤマザクラ、ヤマモモ、ヤマモミジ、シバグリの苗です。

こちらはヤマモモの植樹、緑の葉っぱが青空に栄えます。

子供たちも植樹に挑戦!

作業エリア全体の様子(西側)

作業エリア全体の様子(東側)

この部分には、ヤマモモの木が焼け残っています。

女の子も参加です。


山火事当時の高御位の様子

高御位山から鷹の巣山へ向かう尾根道

尾根沿いの立ち木が炭になっています。

鷹の巣山山頂付近


植樹された苗木

植樹した木には、それぞれの思いを込めて、
みなさんの名前を書いたプレートをつけていただきました。

作業終了

市ノ池公園から作業エリア全体を眺めたところ。

山火事当時、市ノ池公園の手前から高御位山全体を眺めたところ。


昼食タイム

作業の後はみなさんで昼食を頂きました。

快く撮影に答えてくれる参加者のみなさん。

こちらのみなさんは、日差しの中でお弁当を頂きました。


| HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|