神戸製鋼グループ「コベルコの森」
神戸製鋼グループ・全神戸製鋼労働組合連合会

コベルコの森

概要

企業活動: 神戸製鋼グループ・全神戸製鋼労働組合連合会

活動フィールド: 兵庫県三木市 福井字三木山(面積5.0ha)

活動期間 : 平成28年〜

活動の概要

森林整備作業・森林保全作業を通じ、豊な森づくりに貢献すると共に、環境対策 (地球温暖化防止・生物多様性向上等)を図ることを目的とする。

また、これらの活動を通じ、人材教育及び育成・CSR活動の場の創設を目的とする。

H23年11月20日の活動 H24年4月21日の活動 H24年5月25日の活動 H24年10月20日の活動
H25年10月26日の活動 H27年4月11日の活動 H27年11月22日の活動 H28年4月9日の活動

活動エリアへ移動

コベルコの森

今年から三木山森林公園に場所を移しての活動です。

コベルコの森

森の文化館を通って活動エリアへ移動します。


開会式

コベルコの森

三木山森林公園 宇佐川所長より挨拶。

コベルコの森

(株)神戸製鋼所 環境防災部 吉武部長より挨拶。

コベルコの森

作業前のラジオ体操。

コベルコの森

活動リーダーの紹介と班分けです。


間伐・下草刈り

コベルコの森

群生するつる性植物や常緑照葉樹の刈り取りを行います。

コベルコの森

新しい活動地は藪に近い状態で、移動するのも一苦労です。

コベルコの森

イバラの棘に気をつけながら作業を進めていきます。

コベルコの森

刈り取った雑木は、木の根元に等高線に置いていきます。

コベルコの森

小さな緑色の葉っぱはを付けた植物は、山菜として食されるタカノツメです。

コベルコの森

カラーテープで班毎にエリア分けをしています。


作業終了

コベルコの森

そろそろ作業終了です。少し森の中が明るくなりました。

コベルコの森

作業後の活動エリアの状態です。


クラフト教室

コベルコの森

こちらは家族班が参加したクラフト教室の様子です。

コベルコの森

玉切りされた枝やクラフトナイフなどの道具を使って、思い思いに作品を作っていきます。

コベルコの森

どんな作品になるのかな?

コベルコの森

こちらの親子は切り出しナイフに挑戦です。

コベルコの森

サインペンを使って作品に表情をつけていきます。

コベルコの森

こんなに上手に、お気に入りの作品が完成しました。

コベルコの森

完成した作品を手に、記念撮影。


クレイクラフト

コベルコの森

こちらはクレイクラフト。粘土と絵の具を使って作品づくりをいます。

コベルコの森

まずは粘土を板状に成形していきます。

コベルコの森

上手に板状にできたら、抜き型で抜いていきます。

コベルコの森

ブローチの形ができたら絵の具で色付けを行います。

コベルコの森

完成したブローチです。


生物多様性保全エリア

コベルコの森

三木山森林公園の芝生広場に作られた生物多様性保全のエリアです。
ススキの草原と関西タンポポの再生に取り組んでいます。

コベルコの森

このバンは公園の下池で孵化したらしく、良く人に懐いています。
5月になると、奥の池でモリアオガエルの産卵もみられるそうです。

コベルコの森

下池の近くの草むらでは、ムラサキサギゴケが小さな花を咲かせていました。

コベルコの森

すぐ近くに、オオイヌノフグリも花を咲かせていました。

コベルコの森

これはベニシジミです。赤くて小さな羽根が良く目立ちます。

コベルコの森

ナナホシテントウもいました。可愛らしいテントウムシですが、アブラムシを食べる肉食の昆虫です。

コベルコの森

近くの草むらで見かけたカナヘビです。カナヘビはトカゲの仲間で、小さな昆虫を餌にしているそうです。