「神戸経済同友会の森」
神戸経済同友会の森プロジェクト
平成23年春の活動 平成23年秋の活動 平成24年秋の活動 平成25年秋の活動 平成26年秋の活動
平成27年秋の活動        

秋の活動 平成27年10月21日

神戸経済同友会の成松代表より開会の挨拶です。

(株)里と水辺研究所の赤松氏より、明治時代の六甲山の様子についての説明がありました。

兵庫県森林組合連合会の中西氏よりで活動前の作業説明です。


下草刈り

現地に到着し、装備を確認しています。

「神戸経済同友会の森」の看板です。

これまでに植樹したエリアで、植栽木のまわりに生えた下草を刈り取っていきます。

作業エリア北側のネザサの間には、今年もツチスギタケが生えていました。

天候にも恵まれ、穏やかな気候の中で作業が進められます。


街道沿いのスペースは、下草と常緑樹を刈り取っていきます。


こちらはハイキング道沿いの活動エリアです。

主にネザサなどの下草を刈っていきます。


未整備エリアの観察

兵庫県森林組合連合会の中西さんの案内で、未整備のエリアを観察しに向かいます。

この辺りは、普段人が入らないエリアです。

このような未整備の部分を観察することで、これまでの活動の成果を改めて確認することができました。


間伐作業見学

間伐作業を見学するために、ヒノキの人工林に移動しています。

兵庫県森林組合連合会のみなさんによる、チェーンソーを使った間伐作業の見学です。

周囲の安全を確認しながら、ゆっくりと倒していきます。

倒した木は、みなさんで枝打ちを行います。

間伐材が安定したら、安全に気をつけながら枝打ちを行います。

枝打ちした間伐材を玉切りしている様子です。

搬出した丸太は、斜面の土留柵に利用されます。

このように立ち木や切り株を利用して、等高線に置いていきます。

丸太の下から土砂が流れ出ないように、隙間なく置いていきます。

そろそろ作業終了です。

斜面を登り、バスで再度公園へ移動します。


閉会式

笹原理事より閉会のご挨拶です。

みなさんお疲れさまでした。


| HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|