「神戸経済同友会の森」
神戸経済同友会の森プロジェクト
平成23年春の活動 平成23年秋の活動 平成24年秋の活動 平成25年秋の活動 平成26年秋の活動
平成27年秋の活動        

秋の活動 平成26年10月29日

神戸経済同友会の馬場代表より開会の挨拶です。

再度公園のログハウスで活動前の説明会


作業エリアへ移動

作業エリアへ到着した人から装備開始です。


下草刈り

これまでに植樹したエリアで、植栽木のまわりに生えた下草を刈り取っていきます。

みなさんで手分けして作業を進めていきます。

この日はお天気も良く、ポカポカとした陽気でした。

作業を進めるにつれ、少しずつ森の中が明るくなっていきます。

こちらは山側のエリア、日陰になった部分にはネザサが茂っています。

ネザサの間にはツチスギタケが発生していました。


こちらは前回植樹した街道沿いのスペースです。

ムラサキシキブ等リボンの付いた木を避けて作業を進めます。


山歩き・自然観察

兵庫県森林組合連合会の中西さんからカシノナガキクイムシによるナラガレの説明です。

ヒノキの倒木にも沢山のキノコが生えていました。

これはマメホコリと呼ばれる変形菌の仲間です。変形菌はアメーバ状の体を変身させて
キノコのように胞子をつくる生き物で、粘菌ともいいます。


間伐作業

受け口は下側を水平に、上部は45度で伐倒方向に入れていきます。

受け口ができたら、反対側から追い口を入れていきます。

追い口は最後まで切らずに、2センチ程度のツルを残します。

最後は根元の跳ね返りに気をつけながら、ゆっくりと倒します。

最後まで安全に倒せたら、枝打ちを行います。


間伐作業見学

兵庫県森林組合連合会のみなさんによる、チェーンソーを使った間伐作業の見学です。

周囲の安全を確認しながら、ゆっくりと倒していきます。

倒した木は搬出しやすいように、適当な長さに玉切りし丸太にします。

先のほうに残った枝葉は、みなさんで枝打ちを行いました。

玉切りした丸太を搬出する様子です。

搬出した丸太は、切り株などに等高線に置き、土留柵に利用します。

最後は杭で固定して作業終了です。


| HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|