サントリーホールディングス株式会社「天然水の森 ひょうご西脇門柳山」
サントリーホールディングス株式会社

概要

企業活動: サントリーホールディングス株式会社

活動フィールド: 西脇市黒田庄町門柳(面積1.056ha)

活動期間: 平成22年〜

活動の概要

 サントリー高砂工場(高砂市荒井町)の水源かん養エリアにあたる西脇市 黒田庄町字門柳の人工林及び里山林(生産森林組合所有林等)約1,056haをサントリー 「天然水の森 ひょうご西脇門柳山」と命名し、地域と連携しながら、水源かん養林 として高い機能を持つ森に育てるとともに、生物の多様性を保全し、人々が自然と 接することのできる森づくりを実施しています。

H23年10月11日の活動 H25年6月27日の活動 H26年5月21日の活動 H26年11月5日の活動
H27年4月8日の活動 H28年5月25日の活動 H28年11月18日の活動 H29年6月16日の活動

コーポレートコミュニケーション本部 エコ戦略部 水源涵養グループ 織田課長代理挨拶

コーポレートコミュニケーション本部 エコ戦略部 椎名部長挨拶

村上組合長挨拶

北はりま森林組合 池田組合長挨拶

北はりま森林組合よりヒノキの枝打ちの説明です。

同じく北はりま森林組合より、工具の使い方と作業内容、安全確認の説明です。

前日からの雨で雲行きが心配されましたが、すっかり良いお天気になりました。

作業前に全員でストレッチを行います。

班ごとに分かれて作業エリアへ移動します。

現場に到着した人から工具を受け取り、改めて作業内容と安全事項の確認です。

準備ができた人から枝打ち作業開始。

女性の参加者も枝打ちに挑戦です。

切り落とした枝が当たらないように、少し離れた場所で作業を行います。

しばらく作業を進めると光が入り、森の中が明るくなってきます。

作業終了、お疲れ様でした。

作業の後は、日時計の丘公園で休憩です。

参加者の皆さんもさわやかな笑顔です。

綺麗な緑色の苔が生えていました。

まぁるい葉っぱはサルトリイバラです。真ん中に緑色の実がついています。

作業エリアの周りには、モチツツジの花が咲いていました。


| HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|