サントリーホールディングス株式会社「天然水の森 ひょうご西脇門柳山」
サントリーホールディングス株式会社

概要

企業活動: サントリーホールディングス株式会社

活動フィールド: 西脇市黒田庄町門柳(面積1.056ha)

活動期間: 平成22年〜

活動の概要

 サントリー高砂工場(高砂市荒井町)の水源かん養エリアにあたる西脇市 黒田庄町字門柳の人工林及び里山林(生産森林組合所有林等)約1,056haをサントリー 「天然水の森 ひょうご西脇門柳山」と命名し、地域と連携しながら、水源かん養林 として高い機能を持つ森に育てるとともに、生物の多様性を保全し、人々が自然と 接することのできる森づくりを実施しています。

H23年10月11日の活動 H25年6月27日の活動 H26年5月21日の活動 H26年11月5日の活動
H27年4月8日の活動 H28年5月25日の活動 H28年11月18日の活動 H29年6月16日の活動

午前中は、秋の新入社員研修検討のための現場視察を行いました。

「枝打ち」作業を実施する、研修予定地に到着。

北はりま森林組合様が設置した管理用作業歩道の様子。

水場には、モリアオガエルの卵がありました。


午後は以前から整備を進めているエリアの視察です。こちらはH23年度の活動で設置された鹿柵部分の様子。

森林作業道はずっと奥まで伸びています。

作業道の奥の間伐の様子。雨水を分散し土壌流失を防ぐために、間伐材を使い、筋工(横置き)されています。

整備の過程で出てきた間伐材や作業道の支障木については搬出しています。


最後は前回拝見した炭焼窯を見学に行きました。


| HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|