川崎重工株式会社「余暇村なごみの森」
川崎重工株式会社

概要

企業活動: 川崎重工株式会社

活動フィールド: 多可町中区牧野(面積7.2ha)

活動期間 : 平成26年〜

活動の概要

里山植生を再生して生態系の保護を進める 地域社会との共生を深めるとともに生物多様性保全に取り組む。

H26年4月19日の活動 H26年11月15日の活動 H27年4月11日の活動 H27年11月7日の活動
H28年4月16日の活動 H28年11月12日の活動 H29年4月15日の活動  

活動前の記念撮影です。


開会式

井上部長より開会のご挨拶です。

引き続き、多可町長の戸田様よりご挨拶を頂きました。

二酸化炭素吸収量認定書授与式


自然観察会

午前中は、ひょうご森の倶楽部のみなさんの解説で自然観察会が行われます。

各リーダーの下、班ごとに分かれて自然観察会の開始です。


足元の小さな世界

遊歩道の横の草むらには、色々な生き物がいます。

苔の間に小さなきのこを発見。

枯れ枝には雨でゼリー状にふくらんだタマキクラゲが生えていました。

遊歩道脇の植え込みの下では、綺麗なツチグリを発見。

木の実と間違える事もあるみたいですが、ツチグリは腹菌類のキノコです。

ヒトデの様な不思議な形に皆さん驚かれていました。

参加者に野草の説明をする森の倶楽部の中川さん。

公園内に自生するシュンランです。

これはショウジョウバカマ。少し時期を過ぎていましたが、綺麗な個体も残っていました。

日当たりのよい草むらには、あちらこちらに小さなスミレの花が咲いています。


樹木の解説

カエデ

カエデの名前は、葉っぱの形がカエルの手に似ていることから、蛙手(かへるで)→「かへで」→「かえで」と
変化したというお話に、小さなこども達も興味深々です。

マツ

風散布性の種子であるマツボックリの解説です。

マツの種子には「翼」がついており、松かさが開いて地上に落ちる間に風に乗って運ばれます。

「翼」のある種子には他にもカエデの種などがあります。

コバノミツバツツジ

日当たりのよい斜面には、コバノミツバツツジが蕾をつけていました。

ナガバノモミジイチゴ

植栽エリアの近くには、クサイチゴやビロードイチゴ、ナガバノモミジイチゴなどの木苺の花が沢山咲いていました。


植栽作業

午後の活動は植栽作業です。

まずは兵庫県森林組合連合会と、北はりま森林組合による作業説明です。

この日はコナラ、ヤマザクラ、ヤマモミジ、アカマツの4種類、150本の植樹を行いました。

こども達も鍬をもって、コナラの植栽に挑戦です。

苗を植えた後は、しっかりと周りの土を踏み固めます。

作業を進めていると、少しずつお天気が回復してきました。

最後は鹿よけのネットを付けて完成です。


下草刈り

植栽作業の後は、以前の活動エリアで下草刈りを行いました。

こども達は手鋸を使って間伐を体験しました。

切り倒した木は玉切りにして整理していきます。

女の子も間伐に挑戦です。

ひょうご森の倶楽部のみなさんも、下草刈りに参加してくださいました。


鹿ドッグの試食会

最後は宿泊棟に戻って鹿のホットドッグの試食会です。

以前の鹿バーガーより美味しいと参加者にも評判でした。



| HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|