川崎重工株式会社「西谷なごみの森」
川崎重工株式会社

概要

企業活動: 川崎重工株式会社

活動フィールド: 多可町八千代区大和西谷(面積14ha)

活動期間 : 平成20年〜

活動の概要

里山植生を再生して生態系の保護を進める 地域社会との共生を深めるとともに生物多様性保全に取り組む。

H23年11月12日の活動 H24年4月7日の活動 H24年10月20日の活動 H25年4月13日の活動
H25年10月19日の活動 H25年11月16日の活動    

開会式

豊かな森づくり課 小野山副課長よりご挨拶

作業前の説明会


活動前の記念撮影

西谷なごみの森


活動開始

バスで西谷公園まで移動して、到着した人から装備開始です。

足元に気をつけながら活動エリアへ移動します。


活動エリアに到着

活動エリアの入り口に到着です。

植樹用の苗を持って山道を移動します。


森づくり活動(植樹)

今回植樹する尾根道の風景です。

小学生の女の子もお父さんと一緒に参加しています。

参加者に作業の指導をする企業の森づくり専門員の泉さん。

スペースが狭いので、茂みを掻き分けながらの作業です。
なんとか1人分の足場を確保しながら植樹作業を行います。

兵庫県森林組合連合会の中西さんに教わりながら、親子で山の斜面に植樹していきます。


作業終了

お昼ご飯をはさんで、近くの林道を散策してみました。

作業エリアからの下り道には杉の絨毯が広がっています。

登山口の道路脇には、クサギの花が咲いていました。

マツカゼソウも白い花を咲かせています。

ヤマツツジの実。丸いお団子のような実がはじけていました。

これはツチグリというキノコ。晴れた日に丸くなってコロコロ移動することから「晴天の旅行者」とか
湿度によって形をかえることから「星型の湿度計」とも呼ばれているそうです。


午後の活動

午後は植樹チームとクラフトチームに分かれて活動します。

こちらはクラフトチーム、木の実や間伐材を使って作品作りに挑戦です。

さて、何を作ろうかな?

ひょうご森の倶楽部の皆さんの指導の下、親子で木工教室に参加です。

これは生花かな?

なごみの森のスタッフの方も作品作りに挑戦します。

木工の材料に使う色々な木の実です。

山桜の丸太にどんぐりを並べたり、

松ボックリでオブジェを作ったり。

皆さん作品作りに夢中です。


完成作品

それぞれに思いを込めた作品が出来上がりました。
大人も子供も、一生懸命に作った作品です。
同じ材料を使っても、ひとつひとつ違った表現が面白いですね。
左の竹細工は鉛筆立てです。会社のデスクで使うとのことでした。

完成度の高い、個性的な作品もできました。

最後は作品を手に、皆さんで記念撮影です。


閉会式

作業の後は、全員でなごみの里に集合して閉会式を行いました。

お馴染みの鹿バーガーを試食して、お疲れ様でした。


| HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|