川崎重工株式会社「余暇村なごみの森」
川崎重工株式会社

概要

企業活動: 川崎重工株式会社

活動フィールド: 多可町中区牧野(面積7.2ha)

活動期間 : 平成26年〜

活動の概要

里山植生を再生して生態系の保護を進める 地域社会との共生を深めるとともに生物多様性保全に取り組む。

H26年4月19日の活動 H26年11月15日の活動 H27年4月11日の活動 H27年11月7日の活動
H28年4月16日の活動 H28年11月12日の活動 H29年4月15日の活動  

余暇村なごみの森

活動前の記念撮影です。


開会式

余暇村なごみの森

井上部長より開会のご挨拶です。

余暇村なごみの森

引き続き、多可町長の戸田様よりご挨拶を頂きました。

余暇村なごみの森

二酸化炭素吸収量認定書授与式


自然観察会

余暇村なごみの森

清々しい春の日差しの下、自然観察会が行われました。

余暇村なごみの森

活動リーダーは、ひょうご森の倶楽部のみなさんです。

余暇村なごみの森

公園内は、コバノミツバツツジが見ごろです。

余暇村なごみの森

森の倶楽部の中川さんが、植え込みの中になにかを見つけました。

余暇村なごみの森

ニホンアマガエル

アマガエルはふだん緑色をしていますが、環境によって体の色を変え、敵から身をまもることができるそうです。

余暇村なごみの森

これはドウタンツツジです。アセビに似た花ですが、良く見ると花のつき方や葉の形が違います。

余暇村なごみの森

クロモジ

高級爪楊枝の材料としても有名なクスノキ科の落葉低木です。
クロモジの葉っぱや枝からは、爽やかな良い香りがします。

余暇村なごみの森

これはモミジの実生です。小さなモミジの赤ちゃんに子供たちも興味深々です。

余暇村なごみの森

遊歩道の斜面には、ショウジョウバカマが花を咲かせています。

余暇村なごみの森

こちらはスノキです。葉っぱを噛むと酸っぱい味がするので体験中です。

余暇村なごみの森

苔の間にはムラサキサギゴケが小さな花を付けています。

余暇村なごみの森

ムラサキサギゴケと良く似た花ですが、これはトキワハゼです。

余暇村なごみの森

ムラサキサギゴケはトキワハゼよりも大きく、花弁の上唇部の切れ込が深いのが特徴です。

余暇村なごみの森

お正月飾りに使うウラジロです。下の葉っぱが1年目、上の葉っぱが2年目と成長の過程が見られます。

余暇村なごみの森

4月中旬ですが、広場ではツクシを見ることができました。

余暇村なごみの森

葉が開くまえのワラビの若芽です。

余暇村なごみの森

これはシダ植物のフユノハナワラビです。写真は栄養葉で、別に繁殖のための胞子葉があります。
ハナワラビの仲間には、冬緑性のフユノハナワラビ、オオハナワラビと、
夏緑性のナツノハナワラビ、ナガホノナツノハナワラビがあります。

余暇村なごみの森

胞子が飛んだ後のフユノハナワラビの胞子葉です。

余暇村なごみの森

すぐ隣には、レンゲソウが咲いています。


植栽作業

余暇村なごみの森

この日はアベマキ、イヌシデ、ウワズミザクラ、カスミザクラ、キハダ、ウリハダカエデ、ホオノキ、ヤマツツジ、
ノリウツギ、ウツギ、エノキ、ムクノキ、ケヤキ、クマノミズキ、ミズキの15種類、150本の植樹を行いました。

余暇村なごみの森

活動エリアは以前植栽を行った場所です。前回の苗木の間に植えていきます。

余暇村なごみの森

子供たちも苗木の植え付けに挑戦です。

余暇村なごみの森

苗を植えた後は、しっかりと周りの土を踏み固めます。

余暇村なごみの森

植え付けの後は鹿よけのネットを付けて完成です。

余暇村なごみの森

活動エリアに自生するナガバノモミジイチゴです。

余暇村なごみの森

これはタラノ芽。エリア内にはいたる所にイチゴやタラノ芽が生えていて、移動するのも一苦労です。

余暇村なごみの森

兵庫県森林組合連合会の皆さんも作業をお手伝いしてくださいました。

余暇村なごみの森

こちらは北播磨森林組合の方です。

余暇村なごみの森

植栽エリアで見かけたニホントカゲです。


閉会式

余暇村なごみの森

井上部長より閉会のご挨拶です。

余暇村なごみの森

最後はひょうご森の倶楽部の森さんから「森の倶楽部」のPRです。

みなさんお疲れさまでした。



| HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|