アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」の活動支援状況を紹介します!


H25年春の活動 H26年度活動内容 H27年春の活動    

林田町里山会


林田町里山会


「人が集い、野鳥がさえずる多様な里山づくり」


・所 在: 姫路市林田町 8ha


・代表者: 赤松 昌弘


・活動内容


@林相整備
A作業道(遊歩道)開設
B環境学習会及び木工教室開催


完了検査


姫路市はやしだ交流センター「ゆたりん」で書類検査です。


現地視察


里山会の活動地の入り口です。入り口の左側に鹿がいます。

人なれしているのか、全く逃げる気配がありません。

活動地の入り口付近、このあたりは昨年度の整備エリアです。

写真右側の奥に鹿柵ネットが見えます。ここから先が今年度の活動エリアです。

向山を下り、舞子池の横のハイキング道を通ります。

日当たりのよい林に整備されています。

間伐材は等高線に置き、土砂止めに利用しています。

向山と東山の間の谷筋を上ります。

谷筋を上り、尾根道を歩いて行くと、東屋の建設予定地に到着です。

山頂の東屋予定地から舞子池方面の眺め。

舞子池方面と尾根道の分岐点に戻ります。

尾根道の分岐点から登山口に向かうと立会池が見えてきました。

登山口に戻ると、先ほどの鹿がハイキング道沿いで佇んでいました。


シイタケ栽培


立会池から裏池方面に向かい、原木シイタケのほだ木を見にいきます。

裏池沿いの広場に沢山のほだ木がありました。



HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|