アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」の活動支援状況を紹介します!

H25年度活動内容 H25年度活動内容 H26年度活動内容    

たつの市弥生倶楽部


たつの市弥生倶楽部


「古代の森づくり事業」


・所 在: たつの市新宮町新宮 約4ha


・代表者: 芳野 芳造


・活動内容


@古代の森の復元

A古代の森づくり関連イベント

B便益施設等作成

C古代米栽培


2015年4月24日 完了検査


完了検査の様子です。


現地視察


弥生の森の入り口に設置された「国指定史跡 新宮宮内遺跡 弥生の森」の看板です。右端の茶色いプレートに、
アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクトの説明が書いてあります。


播磨新宮駅側の道路沿いにも、同じ看板が設置されています。



昨年新たに復元していた、2つ目の竪穴式住居が完成していました。



復元された、竪穴式住居の中を見学させていただきます。


表面に草が生えているのは、3つ目に復元された竪穴式住居です。
防火を目的に、茅葺の上から土を被せた、近畿地方で唯一の土葺式の竪穴式住居です。


これは、復元された土葺式住居のすぐ隣にある、竪穴式住居の遺跡です。
直径8メートルの土葺の竪穴式住居は、全国でも最大の大きさだそうです。


一年前に移植された樹木です。新しく出てきた枝に、元気な新芽が芽吹いています。


こちらは新たに移植された樹木です。


平成22年に行われた「椋の木フォーラム」で井戸知事が植樹したムクノキです。
たつの市の天然記念物、新宮八幡神社のムクノキを枝分けしました。



HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|