アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」の活動支援状況を紹介します!

H23年度活動内容 H24年度活動内容 H25年度活動内容   H27年度活動内容

東お多福山草原保全・再生研究会



「東お多福山ススキ草原の保全」


・所 在: 六甲山系東お多福山 地内面積: 0.8ha


・設 立: 平成23年1月19日

・代表者: 武田 義明

・会員数: 489人 (H23年3月1日現在)


・活動内容: 東お多福山草原保全・再生研究会の活動は大別すると4つに区分できます。


@管理対象区域において春、夏、秋、晩秋の年4回のネザサの刈り取りを行う

Aススキ草原の再生と植物を中心とする草原の生物多様性の保全を図る

Bモニタリング調査を同時に行い、管理の効果を検証する

C再生しつつあるススキ草原において、小学生〜大人を対象とした植物観察会を年1回実施するとともに
 報告書を発行し、東お多福山草原の保全の意義を普及するとともに、研究会の活動をPRする


東お多福山ススキ草原の保全東お多福山ススキ草原の保全

前日までの寒波がうそのような穏やかな快晴です

芦有道路付近から活動地までは徒歩で移動

東お多福山ススキ草原の保全

活動地へ向かう途中の谷の風景

東お多福山ススキ草原の保全東お多福山ススキ草原の保全

良い天気です

東お多福山の分岐点

東お多福山ススキ草原の保全

説明をしてくださるブナを植える会の桑田会長

 

東お多福山ススキ草原の保全東お多福山ススキ草原の保全

日陰には雪が残っています

東お多福山へ向かう樹木のトンネル

東お多福山ススキ草原の保全東お多福山ススキ草原の保全

山頂に到着

六甲山系の風景

東お多福山ススキ草原の保全

少し開けたところにでました

 

東お多福山ススキ草原の保全東お多福山ススキ草原の保全

奥に見えるのが活動エリア

植生調査中の看板とテスト区域です

東お多福山ススキ草原の保全東お多福山ススキ草原の保全

六甲山最高峰

刈り取られたネザサに足を取られながら移動します

東お多福山ススキ草原の保全

ネザサは場所によって2メートルほどの高さに成長しているようです

 

東お多福山ススキ草原の保全東お多福山ススキ草原の保全

階段を上ると東お多福山に到着です

上から見た笹原の様子

東お多福山ススキ草原の保全東お多福山ススキ草原の保全

東お多福山の尾根道

足元から見た笹原の様子

東お多福山ススキ草原の保全東お多福山ススキ草原の保全

東お多福山の活動エリアに到着しました

完了検査の様子

東お多福山ススキ草原の保全

東お多福山はその昔、一面に草原の広がるススキや花いっぱいの山だったそうです。
ところが今では山全体がネザサに覆われてしまい、
僅かにリンドウ・ツリガネニンジン・センブリを見る程度の山になってしまいました。

東お多福山ススキ草原の保全

そこで数年前からこのネザサを刈り込み、草原再生への試みが始まっています

東お多福山ススキ草原の保全東お多福山ススキ草原の保全

草刈り体験を兼ねた環境学習も行っていますので

みなさんも機会があれば参加してみてください

東お多福山ススキ草原の保全

蛇谷北山付近の風景


HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|