渓のサクラを守る会

アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」の活動支援状況を紹介します!
H23年春の活動 H23年度活動内容 H24年度活動内容    

「子どもたちといっしょにエドヒガンを守る」

所在

川西市水明台1丁目 地内面積: 約4ha  多田グリーンハイツは約6000戸の住宅地です。 そのすぐそばの猪名川斜面に、樹齢40〜50年のエドヒガン桜が70本群生しています。 住宅地と猪名川の渓流にはさまれた元里山の急斜面と、宅地造成によって50年前に放置された段々畑に、 小鳥たちが落としたエドヒガンの種が幸運にも芽生え、成長してこの群生地が誕生しました。

渓のサクラを守る会

設立: 平成20年6月19日

会長: 西澤 孟治

会員数 : 51人 (H22年5月1日現在)


渓のサクラを守る会の活動内容

「渓のサクラを守る会」の活動地は大別すると3つに区分できます。

@段々畑あとのエドヒガン群生地

A元里山斜面のアカマツ・コナラ林

B隣接するヒノキの放置植林


シンボルのエドヒガン

左の写真は猪名川沿いの親木にあたるエドヒガンです。この木から小鳥が種を運び、多くのエドヒガンが芽生えました。

 


整備作業・樹木伐採

市有地約4haの管理許可をもらい、毎週木曜日に整備作業等のボランテァ活動をしています。

 


小学生の環境学習支援

近隣の小学生の子どもたちが作った遊歩道とたて看板。

 


堆肥づくり

堆肥づくりと管理地の様子。

 


猪名川の風景

猪名川の川辺に落ちたエドヒガンの枝から花が咲いていました。

 


管理地の植物

ハクサンハタザオの群生とクリの木。他にもタチツボスミレやシュンラン等の花が咲いていました。

 


エドヒガン植樹1号

エドヒガン植樹1号と椎茸の栽培。

 


東屋

斜面から見た東屋。手づくりの休憩スペースです。

 


HOME| 緑の募金| みどりの風| 企業の森| NEW| アクセス| サイトマップ| うまい!を明日へ!|